About;

この「福岡スチューデントポスターコンペティション」は、
福岡デザイン界の底上げを目的として、これからデザインを志す若者の腕試しの場として開催されます。
ポスターには一瞬で人の興味を惹き、情報を伝えるというデザインのエッセンスが凝縮されています。
ポスターに秘められた新しい魅力を存分にアピールしてください。次世代を担うデザイナーの誕生を期待しています。

Winners;

2018年度入賞者は9月下旬掲出予定 

Exhibition;

未定(10月頃を予定) 

  • 2016年度 2016年9月18日(日)〜23日(金) 日本デザイナー学院 九州校
  • 2017年度 2017年9月17日(日)〜22日(金) 九州産業大学芸術学部[アートギャラリー]
  • 2018年1月22日(月)〜29日(月) 北海道芸術デザイン専門学校

Entry form;

FSPC2017 応募要項

  • 作品受付:
    2018年9月16日(日)  午前10時〜午後12時
  • 搬入会場:
    九州産業大学芸術学部棟 17号館5階17507 [GD・IL共同アトリエ]
  • 応募資格:
    福岡県内の大学、短大、専門学校、高等学校に在籍する学生
  • 募集作品:
    応募者本人が制作したポスターに限る(グループでの出品は不可)
    サイズはB1縦位置(縦1030mm×横728mm)
    次の二つのテーマを設けます。※ただし2017年9月以降の制作作品に限ります。
    ①福岡プレゼン2018:みなさんの学びの場である福岡を伝えるポスターを制作していただきます。
     福岡の魅力や未来像など、福岡をどうとらえるかという視点。
     それを伝える表現の工夫。みなさんがプレゼンしたい福岡を自由に表現してください。
    ②自由:特に定めません。他のコンペなどへ出品された作品や、
     展覧会などで発表された作品も応募可能です。
  • 出品点数:
    シリーズ作品は1作品3点以内。
  • 出品料:
    出品料は1作品につき1000円。(公開審査、講評会への参加費を含む)
  • 各賞:
    グランプリ 1作品、優秀賞 4作品、審査員賞 5作品(賞とダブル受賞可)
  • 審査方法:
    テーマ①②の作品を同時に審査をします。
    一次審査により応募作品から入選作品を決定し、
    二次審査により入選作品から入賞作品を決定します。審査は全て公開で行います。
    ※審査会場は搬入会場と同じです。
  • 審査員:
    伊藤総研(東京・エディター)、
    新村則人(東京・アートディレクター)、
    田中元(東京・アートディレクター)、
    山口哲也(福岡・アートディレクター)、
    JR九州(福岡・企業)
  • 応募規則:
    ※応募作品は、パネル貼りや額装はせず、直接持ち込みで提出。郵送での提出には対応しない。
    ※応募作品は、出力作品に限る。原画は不可。
    ※所定の[応募カード]と[ポスターラベル]に、楷書で明瞭に記入し、
     [ポスターラベル]は、作品裏面右下部に表から情報が読めるように貼ること。
    ※シリーズ作品も全てに[ポスターラベル]を貼ること。

    ※[応募カード]と出品料は応募作品と一緒に提出すること。
    ※出品者は、作品提出と同時に展覧会の報道、広報、記録の材料としての
     作品の写真撮影と印刷複写、Webサイト等での作品画像使用を、主催者に対し認めたものとする。
    ※応募作品が、他人の諸権利に抵触するとの疑惑が生じた場合、
     発表後であっても入選・入賞を取り消す場合がある。
    ※入選、入賞した方は、後日データの提出をお願いします。(JPEGデータ 縦200mm/350dpi)
    ※入選、入賞した作品は返却しません。
    ※落選作品は出品者の直接引取りで返却する。郵送での返却には対応しない。

    [応募カード][ポスターラベル][領収書] ダウンロード

  • 詳細日程:
    2017年9月16日(日)
    10:00〜12:00 作品受付( 出品料、応募カード )
    13:00〜16:30 審査開始→入選作品の決定→賞の決定→講評
    16:30〜17:00 入選、入賞作品展示作業
    17:00〜18:00 授賞式

Judge;

審査委員

  • 伊藤総研Ito Soken

    1974年、福岡県生まれ。横浜国立大学卒。雑誌や書籍の企画・編集・執筆のほか、広告キャンペーン、映像、ウェブサイトなどの企画制作、ラジオ構成作家など幅広い分野で活動中。主な仕事に、雑誌『BRUTUS』「福岡の正解(873号)」、「山下達郎のBrutus Songbook(863号)」、TOYOTA「5大陸走破プロジェクト」、伊藤忠商事「企業広告」、冊子「RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENT」、サカナクション「魚図鑑」など。

  • 新村則人Sinmura Norito

    1960年山口県生まれ。大阪デザイナー学院卒業。 松永真デザイン事務所、I&SBBDOを経て、新村デザイン事務所設立。/主な仕事に資生堂、無印良品、サッポロビール、エスエス製薬、新村水産、東京オリンピック招致など。/主な受賞に、JAGDA新人賞、毎日広告デザイン賞最高賞。環境広告賞大賞、ニューヨークADC銀賞、ブルノ国際デザインビエンナーレ金賞、東京ADC賞など。JAGDA、東京ADC会員。

  • 田中元Tanaka Gen

    株式会社電通 クリエーティブディレクター/アートディレクター 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業/1969年千葉県生まれ。東京ガス「火ぐまのパッチョ」キャラクターデザインをはじめ、企業広告「ガスのひと」でADC賞、読売、毎日、日経、朝日広告賞グランプリ受賞。映画「貞子3 D 」キャンペーンでは渋谷に50人の貞子を歩かせ巨大貞子トラックを走らせ伝説に。「世界水泳」を海外との競合プレゼンの末、2021福岡開催に。

  • 山口哲也Yamaguchi Tetsuya

    広告制作アルカード 代表/アートディレクター/長崎県生まれ。春高デザイン、NOWを経て1995年アルカード設立。/最近の主な仕事 福岡ソフトバンクホークス、GooDay_40th、関家具、キューサイ、スペースワールド、博多座、セイカ食品、NHK福岡放送局、AMU博多/主な受賞歴 電通広告賞、九州地区最優秀賞、福岡広告協会賞 グランプリ・金賞・銀賞・銅賞、読売新聞広告賞 西部本社読者賞、九州アートディレクターズアワード 準グランプリ、アジア太平洋エフィ賞 ブロンズ、APPIES(アジア・パシフィック・マーケティング・コングレス) シルバー受賞など

  • JR九州/山元洋輔Yamamoto yosuke

    九州旅客鉄道株式会社 広報部/1980年福岡県生まれ。/2002年、九州旅客鉄道株式会社に入社。入社後は主に鉄道事業部門で商品開発や広告宣伝など、マーケティング業務に従事。現在は、広報部担当課長。前職場で担当した、九州新幹線の全線開業告知キャンペーン「祝!九州縦断ウェーブ」は、カンヌ国際広告祭で金賞を受賞。